妊娠中の乳首・乳輪の黒ずみケア

滋賀県/S・Kさん/39歳

現在39歳子持ちの主婦です。妊娠前から乳輪が濃いめの色で所々まだらでした。20年前くらいから同様の状態で思春期の頃は気にして様々なケアを試しました。美白化粧水は変化が分からず、乳首の色を薄くするというバスト専用美容液はただいい香りがするばかりで効果を感じませんでした。消しカスの様に小鼻の角質を取るスティックは鼻の角栓取りには手応えがあったので、角質かどうかも不明でしたがもしかして乳首乳輪の色も黒ずみが原因かもと思い試しました。(顔用なので本当は良くないと思います。)少々黒ずんだカスが出ましたが目に見えての変化はありませんでしたし、何度も擦るのでひりひりして肌に良くないと思いバストへの使用は止めました。当時のパートナーには乳輪がまだらな事を指摘され悲しい思いもしました。旦那はあまりそういう事を言わない人なのでいつの間にか乳首乳輪の色を気にしない、と言うより「元からなんだからしょうがない」と諦めてしまいました。

再び気にする様になったのは一昨年の妊娠中です。妊娠週数が進むにつれ乳首乳輪の色は日に日に濃くなり黒っぽい箇所もありました。皆そうなるらしいから仕方ない、と思っていましたが、乳首に小さいニキビ大の黒い突起も出来てしまい、こんな乳首で赤ちゃんはお乳を飲めるのかと心配になりました。嫌なのであまり見ない様にしていましたが良く見ると前にはなかったであろう乳首の先っぽの黒い点々を発見しました。黒色部分が増えたり突起が出来た事で、これはやはり角質や汚れの類なのではないかと思いマタニティのサイトやブログを調べ始めました。

妊娠中は代謝が良くなり乳頭に垢がつまりやすいのでオイル湿布をするのがいいという記事を見つけ簡単そうだったので試しました。

1.入浴前にベビーオイルやオリーブオイル、クレンジングオイルなどをコットンに含ませ乳首乳輪を包みラップなどを被せ10分くらいパックする。

2.コットンで軽く擦りお風呂で石鹸でよく洗う。

私は馬油で試しました。長い間の悩みがそんな簡単に解決するわけないとあまり期待していませんでしたが、シャワー後乳輪の色が薄くなっている気がしました。別の日に繰り返しオイル湿布をしていたら乳頭の黒いポツポツも取れました。妊娠中で胸が張っていてあまりやると痛かったので程々でやめてしまいましたが、明らかに妊娠前よりも乳首乳輪の黒ずみがなくなりました。

後日談ですが毎日子どもにおっぱいをあげていたら角質が剥がれたのか突起が取れ、乳首の色が徐々にピンクになりました。私の場合色が濃かったのは黒ずみが原因だったと改めて思いました。授乳期間が終わったらまたオイル湿布でケアしてキレイに保ちたいと思います。

 

この記事を書いた人
SNSでフォローする