すべての女性にバストアップの本当の知識を

あなただけじゃない!人に言えない「黒いバストトップの悩み」は解決できる!

あなただけじゃない!人に言えない「黒いバストトップの悩み」は解決できる!

バストアップに関する悩みとはという記事でも紹介しましたが、バストアップ以外にも、女性はバストに関する様々な悩みをもっています。
女性のほとんどはお肌の黒ずみやシミを気にしていますが、それがバストトップであれば、なおさらのことです。じつは、バストトップの黒ずみは、多くの女性が人知れず抱えている悩みのひとつなのです。
バストトップが黒ずんでいると、異性からの印象も少し変わってきますし、自分で鏡を見て悲しいため息がこぼれてしまうことも。
残念なことに、男性も、女性のバストトップの色はピンク色を理想としている方が多数です。ひどい場合は、バストトップが黒ずんでいると、「男性経験が豊富で遊んでいる」という俗説を信じている男性もいるのです。
今回は、バストトップの黒ずみに悩む女性のために、その原因と対処についてご紹介しましょう。

バストトップが黒ずんでしまうのはなぜ?

バストトップが黒ずみは、いわゆる色素沈着の一種です。色素沈着は紫外線や外的刺激によって起こりますが、普段は体内で分泌されるメラニンが真皮を守ってくれています。
メラニンといえば、それこそ、シミという色素沈着の原因として悪いイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。たしかに、色素沈着=シミは、メラニンが過剰に分泌されたために起こるものです。でも、じつふメラニンによるバリア―によって、お肌は紫外線の刺激を受けないように守られています。紫外線はDNAを破壊したり皮膚がんを発生させます。メラニンはそういった危険からお肌を守ってくれているのです。トラブルや病気を防ぐためになくてはならない物質と言えます。

お肌の環境を整える作用が遅くなると、古い角質細胞と一緒にメラニンが残って、黒ずみが起こります。これは、お肌のデリケートな部分ほど起こりやすくなります。バストトップの場合、柔らかな乳首を守ろうとして、メラニンが過剰に分泌されてしまうのですね。
バストトップが黒ずんでしまう原因には、下で紹介するように、「加齢」「衣類との擦れ」「成長ホルモン」「妊娠・出産によるホルモンバランスの変化」なとがありますが、いずれもこのメラニンが関係しています。

では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

1・加齢による黒ずみ

おばあちゃんのバストを思い出してください。黒くなってしまっていませんでしたか?
年齢を重ねるごとにバストトップは徐々に黒くなっていき、対策をしないと最終的には本当に真っ黒になってしまいます。
これは身体の新陳代謝(ターンオーバー)のサイクルが遅くなってしまうからです。一度のターンオーバーでリセットしきれず、メラニンが少しずつ溜まってしまっているのです。

2・衣類との擦れによる黒ずみ

日々暮らしていくだけで、わたしたちのお肌は衣類と触れています。そうした衣類との擦れでもバストトップは黒ずんでいきます。乾燥肌だとなおさらです。お肌が衣類と擦れて傷つくと、それを修復するためメラニンが放出されるためです。
さらに、メラニンが堆積した皮膚はそのぶん分厚くなりますので、よりメラニンが堆積しやすい状態になってしまいます。
マラソンランナーなど女性の運動選手には、バストトップが長時間衣類と接触してこすれてしまうため、黒ずんでしまっている方が多いそうです。
体型に合った下着を着けることで、こすれは改善できますが、一度黒ずんでしまうと、その黒ずみの進行を抑えることしかできません。

3・成長ホルモンによる黒ずみ

今、バストトップの黒ずみに悩んでいた方でも、まさか小学生の頃から黒ずんでいたわけではありませんよね。中学生後半〜高校生くらいから黒ずんできたという方が多いのではないでしょうか。
思春期を迎えると、体内では成長ホルモンが多量に放出されます。それに伴って、メラニンも放出されるようになります。そのため思春期から徐々に黒ずんでいくのです。

4・妊娠・出産による黒ずみ

妊娠4週あたりになると、バストがはり、バストトップが敏感になるなどの変化があらわれます。それとともに、だんだんとバストまわりが黒ずみ、茶色っぽい色に変化していきます。
この変化の原因は、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2つの女性ホルモンの分泌量が急激に増えることで、メラニンの分泌量も増え、色素沈着が起こりやすくなるのです。
バストの正体と栄養学でも説明しましたが、エストロゲンはバストアップにも関係のある女性ホルモンです。妊娠中はバストが大きくなるのは、エストロゲンが多く分泌されているからです。出産後に分泌量が元に戻ってしまうので、今度は、それがちゃんと分泌されるようにバストアップ対策をすることが必要になります。
お肌を保護する働きを持つメラニンが、赤ちゃんの授乳に備えるために黒ずんでくるという説もあり、また、赤ちゃんが乳首を見つけやすいようにバストトップが黒くなる、という俗説もあります。

黒ずみを改善するのに最もいいのは、やはり専用のクリームを使うことです。
黒ずみの原因は堆積したメラニンですから、そこに着目したアイテムを使う必要があります。
お顔用のクリームは、バストトップの黒ずみ用として使っても、効果が表れることはありません。バストトップは顔の肌に比べ角質が厚いからです。

ホルモンバランスは生活のリズムから崩れることも

妊娠・出産の項に書いたように、ホルモンバランスが乱れると、お肌の黒ずみが加速してしまうことがあります。とくに、30~40歳の年代はホルモンバランスが乱れやすく、メラニンが異常分泌されやすい年齢なのです。

ホルモンバランスが乱れる原因には次のようなものがあります。

  • 不規則な生活
  • 食生活の乱れ
  • 睡眠不足やストレス

こうした原因によって、ホルモンバランスは簡単に乱れてしまいます。
これらの原因を改善させることで、肌環境が整えられるターンオーバーの周期が正常に戻り、お肌がきれいになっていきます。

黒いバストトップの悩み、どうやって解決するの?

バストトップの黒ずみの原因はメラニンの異常分泌にあるということがわかりました。
メラニンはお肌を紫外線から守ってくれる大事なものですが、ターンオーバーできちんとリセットされるように、生活習慣を改めてみましょう。
また、美白効果のあるパックもお勧めです。ヨーグルトやハトムギエキスでパックをしたり、美白クリームを塗ってみましょう。
また、妊娠中にバストトップが黒ずんでしまって不安に感じる方もいらっしゃると思いますが、妊娠中にはよくある体の変化なので悩む必要はありません。出産してホルモンのバランスが元通りになれば、次第に元の色に戻っていくでしょう。
それでも気になる場合は、美白成分のビタミンC誘導体などが入ったローションやクリームを使ってみてください。しましょう。デリケートゾーン専用のジェルを使用すればより効果があがるでしょう。

SNSでフォローする