すべての女性にバストアップの本当の知識を

バストのかゆ~いブツブツはなぜできるの?どうすればいいの?

バストのかゆ~いブツブツはなぜできるの?どうすればいいの?

胸にブツブツができてしまったり、ブラのラインや胸元がかゆい!という悩みは、意外に多くの女性が抱えている問題です。
胸元のお肌がきれいではないと、着られる洋服も限られてしまいますので、やっかいな問題です。また、胸がかゆいからといって人前で掻くこともははばかられてしまいますよね。
病院で診てもらうのは大げさかも、と思いつつ、どうしたらいいのかわからなくて困っている人も多いでしょう。
やわらかいバストは、とてもデリケートな部分です。刺激を受けやすく、その刺激で湿疹や皮膚炎になってしまうこともあります。
胸にできるブツブツの原因をしっかり見きわめて、適切に対処しましょう。

胸の谷間、下胸などがかゆい!

それは乾燥が原因!

このかゆみの原因として、最も可能性が高いのは、乾燥です。かゆみをとろうとして、強く洗いすぎ、皮脂を取り除きすぎてしまったりすると、かえって乾燥がひどくなり、かゆみが強くなってしまうことがあります。
女性は、更年期以降になると、女性ホルモンが減少する影響もあり、より肌が乾燥しやすくなります。
健康な肌は刺激物から肌を守ってくれうのですが、乾燥した肌は、その機能が低下してしまっているため、刺激物が入り込み、かゆみを引き起こしてしまうことがあるのです。
かいてしまうと角質層を傷つけるので、さらに強い痒みを引き起こす原因にもなってしまいます。

胸ニキビができているかも?

胸にできるブツブツとしては、ニキビである場合が多く見られます。
ニキビといえば顔に出るものと思ってしまいますが、身体の皮脂と毛穴がある場所にはどこでもできてしまうことがあります。胸や背中にもよくできるのです。
ニキビができるのは皮脂が多いところです。皮脂によって毛穴が詰まり、アクネ菌が繁殖しているのがニキビです。
バストは汗をかきやすいので皮脂がたまりやすく、アクネ菌が増殖しやすいので、あせもなどの湿疹になりやすい部位です。
汗をかいても、外出中だったりするとなかなか拭いたりぬぐったりできないことから、汗や汚れが溜まり、毛穴が詰まってしまいます。
胸ニキビは、偏食や睡眠不足、ストレス、疲れなども影響します。清潔にして、悪化する前に皮膚科へ行きましょう。

あせもは夏にできるとはかぎらない

汗が皮膚の下にたまると、あせも(紅色汗疹)になることもあります。胸ニキビと症状は似ていますが、たくさん汗をかいたことがあったなら、あせもの可能性が高いと言えます。皮膚の下の汗が汗管から漏れることで皮膚組織を刺激して炎症を起こし、かゆみを伴う赤いブツブツになります。
バストが大きい女性はよくあせもができます。本来、夏場などにできやすくなるものですが、暖房の効きすぎや厚着などで冬場のあせもも増えています。
汗を拭きとり、シャワーなどで清潔に保てば、早いうちに改善できるでしょう。

粉を吹いていたら脂漏性湿疹

皮脂が多く分泌されることによって皮膚を刺激し、炎症を起こすものです。赤みのあるぶつぶつで、肌が粉を吹いたような感じになります。
脂肪分や糖分の多い食事が原因だったり、皮脂をエサとするカビの一種「マラセチア菌」の増殖真菌が原因であることもあります。マラセチア菌はストレスや遺伝、環境などによって増えすぎてしまうことがあります。
脂漏性湿疹は慢性化してしまうこともあります。早めに皮膚科を受診するほうが、速やかに改善できるでしょう。

マラセチア毛包炎

上で紹介した「マラセチア菌」が毛穴で増殖することによる皮膚炎です。
ニキビと似ていますが、悪化すると、かゆいだけでなく、痛みも伴います。ニキビケアで治らない場合は、マラセチア毛包炎を疑ってみてください。

下着のライン部分、レースが触れる個所がかゆい!

下着やアクセサリーにかぶれる接触性皮膚炎

サイズの合わないブラジャーで締めつけていたり、肩のストラップやホックの金属によるアレルギーが原因でかゆくなります。
アンダーバストのワイヤー、ホック部のタグなどが原因のこともありますし、ブラの素材によってはかぶれることもあります。
バストはブラジャーで締めつけていますので、通気性がよくありません。このため、蒸れたり汗をかきやすかったりするので、雑菌が繁殖しやすい環境にあると言えます。
とくにバストの大きな人は、バストの下や谷間に汗をかきやすいと言えますが、谷間を作りバストを大きくような見せるブラをつけている人も、パッドのために谷間には汗がたまりやすく、蒸れてあせもができやすくなります。
ブラジャーには汗や汚れが付着していますので、それを一日中着けているとこともニキビをできやすくします。
バストを締めつけるブラジャーは、上司バストの皮膚を刺激していることになります。刺激を受け続けた皮膚は、バリア機能が弱まり、皮膚炎を起こしやすくなります。
ブラはこまめに洗濯し、ブラをつける時間を短くしたり、汗をかいたら交換したり、通気性の良いブラを選びましょう。

接触性皮膚炎は、下着だけでなく、服全般や化粧品、アクセサリーなど肌に触れるものに対するアレルギー反応です。アクセサリーをつけずに過ごしてみるなど、原因を探すところから始める必要があります。

よくすすげば予防できる洗剤かぶれ

洗濯洗剤によって皮膚がかぶれてしまうことがあります。石油系の界面活性剤入り洗剤には注意しましょう。柔軟剤にも強い成分が入っていることがあります。洗濯の際は、洗剤が残らないように、よくすすぐようにしましょう。

乾燥して肌荒れしたところがかゆい!

女性ホルモンの乱れでかゆくなることも

ブツブツができたり、かゆくなるのが生理周期に連動して起こるように感じている女性も少なくないと思います。
つまり、皮膚疾患と女性ホルモンは無縁ではないのです。
こうした皮膚疾患を月経前症候群の症状のひとつとしてあげる医師もいます。
女性ホルモンのバランスが乱れると、女性の身体には様々な症状が出てしまいます。イライラなどの精神的なものや、のぼせ、ほてり、多汗など様々です。皮膚の潤いが失われてしまうことも症状のひとつですが、それによりお肌が乾燥してしまい、かゆみが引き起こされてしまうのです。とくに皮膚が柔らかく薄いバストには、症状が出やすくなります。
女性ホルモンのバランスを整えることによって、こうした皮膚炎も改善されることが多いので、生活習慣を整えたり、女性ホルモンの分泌を促す大豆製品を積極的に食べるなど、工夫してみましょう。
バストアップと一石二鳥の効果が得られたらすばらしいですね。
お肌だけでなく、バストの大きさそのものも生理周期には大きく影響されます。詳しくは、「生理中にバストが大きくなるのはなぜ?~今さら聞けない「効果的なバストアップと生理周期の関係」という記事を読んでみてくださいね。

バストのしこりや乳首、腋などがかゆい

生理に関係がある乳腺症

これも女性ホルモンの乱れによって起こるもので、乳腺に関わる疾患全体のことを指します。
ホルモンバランスが不安定になる30~50代の女性に多く、生理周期によって症状の重さが変化します(生理前に症状が重くなる)。
かゆみだけではなく、しこりが感じられたり、乳首から分泌物があることもあります。
乳がんに類似していますが、重大な疾患ではありません。
しかし、こうした違和感を感じたら、必ず病院へ行って検査をしましょう。

バスト全体や全身がかゆい

じんましんかもしれません

突然、強いかゆみを伴うブツブツができたら、じんましんかもしれません。かくとどんどん広がってしまうこともあります。
このブツブツは柔らかい箇所にできることが多く、女性の場合はバストにできることもあります。
直接的な原因は、食べ物や薬、寒冷や温感などの刺激が、皮膚下にある肥満細胞からヒスタミンというかゆみの原因となる物質を分泌することですが、根本的な原因はストレスや食生活、乾燥や暑さ・寒さによる肌への刺激など様々で、特定することが難しい場合もあります。ストレスや疲労がきっかけで突如起こる場合もあります。

バスト全体がかゆい

授乳時に起こりやすい乳腺炎

これは乳腺の炎症を起こしていることによるもので、赤ちゃんに授乳をしている女性が発症しやすい疾患です。
初期にはチクチクした痛みととももにかゆみがあり、胸全体が赤くなる、しこりができる、触ると痛むといった症状になります。悪化すると激しい痛みや高熱、血の混じった母乳が出ることもあります。
母乳が乳腺に詰まって炎症になる「急性うっ滞乳腺炎」、乳腺に雑菌やばい菌が入て化膿してしまう「化膿性乳腺炎」があります。

外に出るとかゆくなる!

紫外線の刺激で起こる日光皮膚炎

デコルテが開いた服で外出すると、紫外線の刺激で赤いブツブツができてしまうことがあります。熱っぽくヒリヒリした痛みを伴うこともあります。数日たってから症状が現れる場合もあります。
こうした場合は日焼けの一種かもしれません。日光皮膚炎は数日間で自然に治まりますので、保湿をして水ぶくれを起こしてしまうのを予防しましょう。
ただし、化粧品やアクセサリー、ダニといった別な刺激が加わることによって悪化してしまうことあります。
皮膚へのに刺激を与えないようにしましょう。

その他のバストのかゆみ

アレルギー疾患のひとつで強いかゆみや乾燥、赤み、皮膚の剥けなどがあるアトピー性皮膚炎、ざらついたブツブツができる毛孔性苔癬、胸やお腹、腋などにできやすく、人に感染する体部白癬などがあります。
アトピーに悩む方必見!バストのガサガサ、かゆみに効くケアという記事も参考にしてくださいね。

バストのかゆみ、どうやって抑えればいいの?

デコルテを保湿する

かゆみの大きな原因のひとつは皮膚の乾燥ですから、最も有効なのは「保湿」であると言えます。かゆくならないための予防として、常日頃からバストをしっかり保湿しましょう。
ボディローションやクリームなども有効ですが、化粧水と乳液だけでも効果があります。お風呂上りだけでなく、朝のスキンケアの際にもお顔とあわせてデコルテを保湿しましょう。

バストを清潔に保つ

胸の谷間や下胸は汗や汚れ、雑菌などがたまりやすい場所です。これが原因で胸ニキビやあせも、皮膚炎などになってしまうため、バストは清潔にしておきましょう。
とくにボディーソープなどの流しもれには注意し、ブラジャーは毎回洗濯したものをつけるようにしてください。
雑菌の増殖を防いでくれるボディシートが便利です。赤ちゃん用のボディシートなら余計な化合物なども使っていないので、肌荒れを起こす心配もありません。

マッサージで代謝を上げる

保湿の際には、肌に塗り込んでマッサージすると、血行が良くなり、肌の新陳代謝がアップします。これは女性ホルモンの分泌を促しますし、肌の水分保持力が高まり乾燥しにくくなる効果があります。

規則正しい食事・生活をして、ストレスをためない

これらは女性ホルモンのバランスを崩す元になります。バストのかゆみだけでなく、あらゆる体調不良につながることですので、気をつけてくださいね。休日はゆっくりリラックスして睡眠をよくとりましょう。
バストがしっかり育つ睡眠のとり方とは?バストアップに効果的なレシピも参考にどうぞ。

下着の素材・着け方に注意する

下着の締め付けでかゆみを感じる場合は、サイズが合っていないということかもしれません。サイズを大きなものに替えたり、ランジェリーショップでサイズをきちんと測ってもらいましょう。
下着の素材は天然繊維の綿やシルクがよく、ナイロンやポリエステル、レーヨンといった化学繊維は、皮膚の水分を吸収して乾燥させます。通気性もおくないため、皮膚炎なども起こしやすくします。
また、レースや刺繍などは、縫い目が刺激となって炎症を起こしてしまうことがあります。かゆみを感じたときには避けてみましょう。
ワイヤーの入ったブラの締め付けや、ホック部分の金属がかゆみを生んでしまう可能性があります。金属を使っていないカップ付きインナーに変えてみましょう。
また、洗剤や柔軟剤に含まれている成分が刺激となることがあるので、下着は洗濯機で洗うよりも、石鹸での手洗いがお勧めです。

バストがかゆいときに行く病院は何科?

かゆみの原因がどうしてもわからなかったり、どうしてもかゆみが治まらなかったり、悪化あひどいような場合は、迷わずに病院を受診しましょう。
胸を見せることになるのは恥ずかしいと思いますが、深刻な病気の可能性もありますので、必ず病院へ行きましょう。

  • 皮膚科
    かゆみは皮膚から生まれます。バストのかゆみの多くは皮膚の病気ですから、皮膚科を受診することになります。皮膚疾患以外が考えられる場合は、婦人科や乳腺外科を紹介してくれます。
  • 婦人科・乳腺外科
    バストに痛みを伴ったり、乳輪や乳首がかゆいとき、乳首に膿や血などの分泌物がある場合などは乳房の病気が疑われますので、婦人科を受診しましょう。

バストのかゆ~いブツブツはなぜできるの?どうすればいいの? まとめ

バストのかゆみは対処しづらいし、ブツブツがあったら好きな服を着られないし、一刻も早く治したいものですよね。
バストが目立つ、暖かい季節に取り入れたいケア」という記事も参考に、ぜひケアを欠かさないようにしてください。
かゆみといっても、我慢できないほど激しいものだったり、痛みが伴うものなどもありますので、あなどれない身体の不調です。
別の皮膚炎や色素沈着など、新たなトラブルとなることもありますので、自分でケアをしてもなかなか治らないような場合には、必ず病院を受診してください。
美しいデコルテは、自分の気持ちもぱっと明るくしてくれます。
また、かゆみやブツブツの予防が、バストアップのための習慣と同じであることにも気づかれたと思います。
お肌まできれいなバストを目指せば、それがバストアップにつながるのです。

SNSでフォローする