すべての女性にバストアップの本当の知識を

40代のためのバストアップ、バストケア方法

40代のためのバストアップ、バストケア方法

いつまでも女性としてバストを綺麗に保ちたい、バストを大きくしたい、バストの垂れを防ぎたい。バストアップは女性すべての夢ですよね。
ほんの少し胸の大きさが変わるだけでも、他人から見ればすぐに変化がわかります。胸が大きくなれば周りの視線が変わります。少しの努力でも良い結果を感じることができます。
少し前までハリのあったはずのバストが、いつのまにか萎んできてしまっている——多くの40代女性が、そんな悩みを抱えています。昔のようなバストに戻したいと思いませんか。
40代はバストラインや形に変化が起こりやすい年代であり、バストケアを怠っているとどんどんしぼんで垂れてしまいます。日頃の姿勢が悪い人、大胸筋の筋力低下、肩甲骨のケア不足によってもバストは下垂しやすくなります。

若くないとバストアップは無理なのでは?と思っているあなた、じつはバストアップに「遅い」ということはないのです。40代でもバストを大きくすることは可能です。女性の身体の構造上、年齢を重ねたからといって、胸が大きくならないことはありません。もう自分の胸はダメなんじゃないかとあきらめていた方は、ぜひ安心してください。

40代女性のバストアップにために

バストの正体と栄養学でも紹介しましたが、女性の胸は乳腺1:脂肪9の割合でできており、その胸を支えているのが「クーパーじん帯」という繊維の束です。これらの土台は大胸筋です。
バストは乳腺が発達して、その周囲に乳腺を保護するための脂肪細胞が増えることによって大きくなります。成長ホルモンは乳腺の発達を促します。
年齢とともにバストが垂れてきてしまうのは、クーパーじん帯が衰えているからです。クーパー靭帯が伸びてしまったり切れてしまうと、下垂がどんどん進んでしまいます。

また、バストが垂れるもう一つの原因は、筋力の低下です。
筋力は年齢を重ねるほど低下してしまいますので、40代以降のバストアップには、胸のエクササイズや筋トレ、マッサージでの刺激が必要不可欠です。
もちろん、これだけではなく、日頃の生活習慣も関係してきます。

40代でも若々しく、ハリのある垂れていないバストを目指すためには、女性ホルモンアップは必要です。40代になると卵巣の働きが弱まってきて、女性ホルモンの分泌が低下します。
女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの分泌は10代から増え、20歳前後をピークに徐々に減少していきます。
45歳くらいまではエストロゲンの分泌がありますので、十分バストを大きくすることは可能です。45歳を超えると一般的に更年期にさしかかり、卵巣の機能が低下しやすくなります。乳腺発達に必要なエストロゲンは卵巣から分泌されますので、卵巣の働きが低下してしまうとバストアップしにくいのです。女性ホルモンが減少することでイライラが増えたり、体が火照ったりする更年期症状が出ます。これは、身体がもう子供を産む必要はないと勝手に判断して、卵巣の働きが鈍くなっていくためですが、食生活やストレスなども影響しています。
エストロゲンは女性を魅力的にするための役割があり、バストアップだけではなく、肌や髪のハリやツヤを保ちます。

40代女性のバストアップ方法

40代になっても女性としての輝きを失いたくない。女性としてのシンボルでもあるバストを大きくしたい、垂れないようにしたいなど美しい形で維持したいですよね。
40代のバストアップは、女性ホルモンを補うことも必要ですが、何よりバストの土台をしっかりと鍛えていくことが大切です。エクササイズ・マッサージ・筋トレだけではなく、イソフラボンも積極的に摂って、ハリのある上向きバストを取り戻しましょう!

まずは体質と食事を見直そう

まずは体質の改善から。
コンビニ弁当ばかりで栄養が偏っていたり、寝不足やストレスが溜まっていませんか。そのような生活が続くと、胸を大きくするために必要な女性ホルモンの分泌に悪影響を及ぼしてしかねません。
いきなりすべてのことを改善することは大変ですが、まずは自分なりのストレス発散法をみつけるなど、できるところから意識してみてください。

これまでバストアップに有効な成分が含まれている食事というのを意識していなかったのであれば、どんどん意識して取り入れるようにしましょう。
大豆製品は非常に重要。納豆、豆乳、豆腐などは女性ホルモンに働きかけるのでバストアップに有効です。
乳製品は、タンパク質を豊富に含むため、こちらも積極的に取り入れましょう。牛乳やバター、ヨーグルトなんかがおすすめです。
毎日の食事によるバストアップは基本でありながらも、重要な取り組み。
ここを疎かにすると、大きくなるものもなりません。
その他のバストアップの取り組み効果を高めるためにも、栄養を取り入れるのは必須です。
体が太って大きくなるのも、痩せてダイエットできるのも、全て食事によるコントロールはかかせないのと同じと思ってくださいね。

バストアップクリームでバストアップする

40代になると20代に比べ卵巣機能が低下します。
卵巣機能が低下するとエストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモン分泌も減少します。
胸も肌の一部です。バストを大きくする有効成分が配合されたクリームをバストに塗り、肌の表面から肌の内部に浸透させて、皮膚から有効成分が浸透していき、バストを大きくしたり、形を整えたりしてくれます。
クリームに含まれる有効成分は商品によって異なります。乳腺発達を促進するエストロゲン様作用を示すもの、バスト周りの脂肪細胞を増殖させる効果のあるものなどがあります。
エストロゲンは乳腺発達に欠かせないホルモンですから、クリームを塗ってエストロゲンを活性化させるとバストアップに効果的です。
また脂肪細胞を増殖させることによっても、しぼんでしまったバストを大きくできますよ。

主要バストアップ製品の成分と分類(マッサージクリーム・ジェル編)を参考に、自分にあったものを選んでください。

バストアップサプリでバストアップする

バストアップサプリメントは、その名の通り、バストアップに有効な成分を含んだ健康食品です。手軽に摂取できるので20代~40代まで幅広い女性に支持されていますが、産後のバストトラブルで悩む30代以上の主婦で飲んでいる人は意外と多いです。実は10代や20代の女性は女性ホルモンが一番分泌される時期なので、育乳には、バストアップサプリを飲むより、バストの発育を妨げる行為を控えた方が効果的です。バストアップサプリの効果は、女性ホルモンの分泌量が減ってくる40代の女性のほうが大きく表れます。

女性ホルモンに対して働きかける成分を取り入れることで、ピンポイントでバストアップに対してアプローチできます。
普段の食事からは補えないバストアップに対して有効な成分を、狙って取り入れるというのは非常に的確な手段と言えるでしょう。
飲んですぐに効果が出るというわけではなくある程度継続することが必要ですが、今まで体に取り入れていなかった成分を摂ることで、胸の成長が反応する可能性は十分考えられます。

子供を出産して授乳を経験した女性は、若い頃と比べてハリがなくなり、垂れ気味になったり、小さくしぼんでしまうなど、授乳後のバストの変化に驚きます。女性としての自信を取り戻すためにももう一度美しいバストになりたいと考える女性が多いのです。
サプリには女性ホルモンの分泌を活性化させる植物性エストロゲンなどの有効成分が豊富に配合されています。エストロゲンの分泌を促進することでバストアップに必要な乳腺発達を促します。
頭痛やイライラなど、女性ホルモン分泌量が減少したことによる更年期症状などもサプリを摂取すると改善しますよ。

主要バストアップ製品の成分と分類(サプリメント編)を参考に、自分にあったものを選んでください。

姿勢を改善し、エクササイズでバストアップする

40代以降の女性が垂れた胸を修正し、きれいな形に見せるには、筋トレがベストです。
クーパーじん帯の衰えは止められませんが、筋トレは、バストの土台となっている、クーパーじん帯の周囲の大胸筋を鍛えることになります。周囲の筋肉が鍛えられれば、クーパーじん帯の負担も減らすことができるわけです。
簡単なエクササイズなら、お金もかかりませんし、自宅で手軽にバストを大きくしたい人にはぴったりです。

まずは姿勢をよくして、猫背を直してください。
胸が小さい人は自信がなく、胸を張る姿勢はあまりとらないかもしれません。でも、その姿勢では、いくら胸が大きくなっても効果が半減です。姿勢が悪いと胸の位置が下がり、目の形も悪くなってしまいます。モデルさんに姿勢の悪い人はいませんよね。少しでもきれいに体を見せるためには姿勢はとても重要です。

姿勢が改善されたら、バストを支えている大胸筋や僧帽筋、三角筋をエクササイズします。
腕立て伏せのようなきつい筋トレでなくても、立った状態で壁に手を当てて腕立て伏せをするのもおすすめです。呼吸も大切なので動画に合わせてしっかり呼吸をとめずにやりましょう。

胸の前で合掌のポーズと作って大胸筋を鍛える方法もあります。胸の前で両手を合わせ、両手を強く押し合います。そのまま両手を上にあげてください。これは背中を丸めずにまっすぐ前を向いて行ってください。きれいなバストになったイメージを忘れずに、気がついたときにやるようにクセをつけましょう。

バランスボールを使ったエクササイズ法もあります。
両膝を床について、肘を曲げた状態で手をボールに付けます。そしてボールの上に腕全体を乗せ、体重を前にかけて押していきます。足は動かさずに腕にだけ体重を乗せて伸ばしていき、完全に腕が伸びる状態まで持っていきます。このエクササイズで、体に無理なく大胸筋を鍛えることができます。

有酸素運動をすることで、体の循環がかなり良くなり、代謝もアップします。毎日食べているものがちゃんと代謝され、自分が活動するエネルギーになっていくことで、卵巣やバストの乳腺も発達しやすくなります。
また、有酸素運動によって、冷えた身体の温度も上げることができます。40代は低体温になりがちですが、それを放置してはバストアップはかないません。身体が温まることで、腰内部の臓器である卵巣や子宮の働きも向上しやすくなります。
年齢別おすすめのバストアップ方法という記事でもエクササイズ方法を紹介していますよ。

バストアップブラでバストアップする

最近トライする人が多いのが、バストアップブラです。これは、マッサージ理論も併用した、バストアップに特化したバストアップブラです。
今さら聞けない育乳ブラのバストアップ効果とは!?」でも解説しています。
寝る時の楽さを求めて、ノーブラで寝てしまう40代女性が多いかもしれませんが、ブラジャーを付けないで寝るのはとても危険です。寝ている時は寝返りによって胸が揺れ動いてしまいます。胸も構成要素としてはほとんど脂肪からできていますので、この揺れの動作で胸が痩せてしまったり、脇の下から背中周りに本来なら胸に着くはずの脂肪が流れてしまうことになります。その結果、形が崩れ、垂れる原因になってしまうのです。
おすすめは、夜に寝ている時につけるタイプのナイトブラです。夜の胸を守ってくれるナイトブラで、今夜からバストアップ!で詳しく説明していますが、ナイトアップブラは昼間に着けるブラジャーとは異なり、ワイヤーが入っていません。しっかりとバストを包み込む設計になっているので高い豊胸効果が期待できます。バストの肉が背中に流れるのを防ぐだけでなく、乳腺をほどよく刺激する働きもあるのです。
また離れ気味のバストを矯正して、バストに谷間を甦らせることも可能。丸みのある上向きのバストを作ることができますよ。
体への締め付けはないので睡眠を阻害することもなく、安定感があるのでぜひ着用してみて下さい。

バストアップマッサージ

バストアップマッサージもすぐにできるバストアップの方法です。
バストマッサージは乳腺を発達させるツボを刺激するので、サロンなどでのバストアップのコースにも必ず採用されています。40代のバストアップに最も効果的です。
40代のバストアップマッサージ法は、硬くなった肩や、姿勢の改善が大前提です。肩は頻繁に肩甲骨などを動かして筋肉をほぐしましょう。ガチガチに固まったバストも柔らかくふっくらとした健康的なバストになります。
リンパ腺の流れを刺激することで、リンパ腺の流れが良くなるだけでなく、たまっている毒素の排出も促すことになり、バストの成長に必要な栄養素がバストに届きやすくなります。また、バストの下垂の防止にもつながりますので、バストアップとしては非常に有効です。
入浴中に湯船の中でバストマッサージをすると、血行の流れも良くなります。バストアップクリームとの組み合わせて行うのもいいでしょう。

40代のためのバストアップ、バストケア方法 まとめ

今回紹介した方法を組み合わせれば、40代でもより高いバストアップ効果を得られます。
バストアップクリームとエクササイズを併用すれば、クリームの有効成分によってバストアップしやすい状態になっているため高い効果が期待できます。クリームを使わずに行うと、肌が擦れて痛みを感じることもありますので、クリームですべりをよくすれば、エクササイズやマッサージもしやすくなります。クリームの多くは保湿成分が配合されていますで、肌のハリアップにつながります。
また、バストアップサプリメントとバストアップクリームを併用するのもいいでしょう。サプリを飲みながら、お風呂上りにバストアップクリームを使用してマッサージをしてください。サプリによって体内からの女性ホルモン分泌が促進され、クリームによって体外からの効果も期待できます。ただし、女性ホルモン活性化が過剰にならないように気をつけてください。

バストアップに年齢は関係ありません。何もしないままだと、胸の大きさは変わらず、そればかりか、だんだんと小さくなっていってしまうかもしれません。できるだけきれいなツヤとハリのある胸でありつづけたいですよね。
今しかできないことを自分のためにしてあげてください。
産後にバストがしぼんでしまったという方は卒乳でしぼんでしまうバストの垂れを防ぎ、ハリを保つ方法という記事も読んでみてください。

SNSでフォローする