すべての女性にバストアップの本当の知識を

バスト美人は姿勢から!猫背のあなたもきっとバストアップできる

バスト美人は姿勢から!猫背のあなたもきっとバストアップできる

バストアップを目指しているあなた、姿勢は大丈夫ですか?
姿勢とバストアップって関係あるの?と疑問に思うかもしれません。
じつは「猫背」は、バストアップの大敵なんです。
今回は、猫背がなぜバストアップの妨げになるのか、どんな姿勢がバストアップに効果的なのかということについてご紹介します。
えっ!と思った人は、ちょっと意識を変えて、美しい姿勢で美しいバストを目指しましょう。

まずは自分の姿勢をチェック

PCに向かって仕事をしている時、スマホを見ている時。
あなたは自分がどんな姿勢をしてるか意識していますか?
無意識に背中が丸まって、首の後ろが縮まっているという、典型的な猫背になってしまってはいないでしょうか。
猫背は美しくないだけでなく、実は内臓や筋肉に負担をかけてしまいます。肩こりや腰痛、骨盤の歪みの原因にも。疲労もたまりやすく、視力の低下、頭痛等を引き起こす恐れもあります。
それだけではありません。じつはあなたのバストアップを妨げているのです。

壁を背にして立ってみてください。そして頭と肩、かかとが壁にくっつくようにしてみましょう。

  • 前に倒れそうになる
  • 後頭部が壁につかない
  • あごが上がって、上を向いてしまう
  • 腰が痛い
  • 腰と壁の間に大きな隙間ができる
  • ふくらはぎが張った感じがする

そんなあなたは猫背かもしれません。

猫背がバストに悪い理由

人間の頭部は5kgの重さがあると言われます。普通の人は、この重さを首と肩で支えています。正しい姿勢で支えることができれば、負担はありません。猫背の人は、この重さを支えるために、身体全体に無理がかかっている状態です。
猫背の姿勢では深い呼吸ができませんし、おなかも圧迫されているために胃腸の調子が悪くなることもあります。
猫背の人は、首のまわりや腋の下のリンパの流れが滞ります。特に脇の下にはリンパ節が密集していますので、老廃物を排出しにくくなり、代謝が悪くなって、脂肪が燃えにくい身体になってしまいます。むくみや冷えの原因にもなります。
バストアップでも、姿勢は非常に重要です。
猫背の人は、そもそも、実際よりもバストが小さく見えてしまいます。胸のラインが綺麗に見えないのです。
しっかり背筋を伸ばして、胸を張って姿勢を正してみてください。
自然に、バストトップの位置が高くなりまませんか?
その正しい姿勢を身につければ、バストトップが上を向く癖がつき、服の上からでも前に突き出しているように見えるようになります。
猫背の人は自然に下を向いた姿勢になりますので、目線が下がり、胸が縮こまった状態になります。その結果、胸筋が衰えてしまいます。胸筋はバストの土台として大切な部位ですが、それが衰えてしまうと、バストが垂れてしまうことにつながるのです。

また、バストアップの大敵は血行不良です。
猫背だと血行が悪くなり、バストダウンを招いてしまいます。姿勢を改善すれば、血流が良くなり、代謝が良くなり、基礎体温も上がり、栄養も運ばれやすくなりますから、バストアップ効果も高くなるのです。
血行不良は冷えやコリの原因になります。

どんな姿勢を心がければいいの?

では、どんな姿勢を普段から意識すればいいのか、立っているとき、座っているときなどのシーン別にご紹介しましょう。

立っている時の姿勢

上で、チェックに使った姿勢です。
身体がまっすぐ一直線上にあるように意識し、壁を背にして、つま先を少し開いて、後頭部、肩、お尻、ふくらはぎ、かかとを壁にくっつけてください。おなかとお尻に力を入れて、壁と背中の間に空間ができないようにします。前傾にならないように腹筋も使ってください。
まっすぐな姿勢に正すだけで、すでにバストアップしたように見えると思います。
慣れてきたら、両肩を持ち上げて耳に近づけてみます。肩甲骨をつけるように胸を開き、そのまま肩を下ろします。
姿勢を保てるようになったら、一歩前に踏み出してみてください。このときは、頭のてっぺんを糸で引っ張られるようなイメージでやってみるといいでしょう。
背中を反りすぎないように胸を張って、いつもいい形のバストでいるようにしましょう。
体幹部の筋肉を使うので、最初はちょっときついと感じてしまうかもしれませんが、この姿勢が身体にかかる負担をいちばん軽減できるはずです。歪みが矯正され、代謝もアップします。すぐに元の姿勢に戻ってしまわないように注意しながら、自分のペースで無理なく続けてみましょう。

座っている時の姿勢

足を組んだり、背中が丸くなったりしていませんか?
人間は、平均寿命から逆算すると17年以上もの間、座って過ごしているそうです。座る姿勢はそれほど大事です。
座る時には誰でも、できるだけ楽をしようと身体のどこかに重みがかかります。
猫背の人は背中が張り、内臓に重みがかかっています。
頬づえをつくのが癖の人は、肘から肩にかけて負担をかけています。
女性はよく椅子の前の方に浅く座る「チョコン座り」をします。これは背筋を無理に伸ばしているため、腰の筋肉や関節、太もも裏に負担をかけてしまう姿勢です。
とくに注意したいのは、PCに向かっているとき。いちばん猫背になりやすい姿勢です。
目線がまっすぐになるようにモニターの位置を調節し、足を組んだり、左右に歪まないように、まっすぐにしっかりと座ってください。
戦国武将のように脚を大胆に開いて座り、下腹に力を入れる「丹田座り」を意識するのもいいでしょう。

歩く時の姿勢

上記の正しい立ち姿勢から、おなかとお尻を引き締めるようにして、歩いてみてください。
あごが出てしまったり、つま先から内股になってしまわないように、あごを引き、かかとから着地するようにします。
慣れていないと、ヒールの高い靴などでは難しいので、スニーカーなどで練習しましょう。
正しい姿勢で歩くと、血行が良くなり身体が温まります。
歩くことはからだ身体全体の運動になります。
血行が促進されてバストアップにも効果的なのでぜひ意識して歩いてみてくださいね。

眠る時の姿勢

睡眠中の姿勢もバストアップに関係あるんですよ。うつ伏せで寝たり、横向きに寝ると、バストが潰れたり横に流れたりしてしまいます。睡眠時間は1日のおよそ3分の1あるということを考えれば、睡眠時間にも気を配りたいものです。睡眠時用のナイトブラをして、なるべく仰向けで寝ることを心がけましょう。
くわしくはバストがしっかり育つ睡眠のとり方とは?という記事を読んでみてくださいね。

隙間時間でできる姿勢のためのストレッチ

ふと気づくと猫背の姿勢に戻ってしまう方のためのストレッチを紹介します。

まず、両手を後ろで組んで上げ、縮んでしまった大胸筋をグーンと伸ばしましょう。肩甲骨のコリがほぐれてきたら、今度は後ろで両手を組み、またゆっくり上げていき、限界のところで10秒数え、息を吸いながら下ろします。
肩甲骨まわりの血行が良くなります。

ヨガの「コブラのポーズ」も効果的です。
これは、うつ伏せになって両手を胸の横につけて、息を吸いながら床を押すというものです。腰が浮いてしまわないように胸を反らしてください。30秒数えてから、息を吸いながらゆっくりうつ伏せに戻ります。
背中やお尻の引き締めにも効果がありますが、腰痛のある方は無理せずに行ってください。

姿勢がよくなるとこんないいことが起こります

姿勢がよくなると、あなたの印象はきっと大きく変わることでしょう。身体のめぐりにも変化があらわれ、バストアップにとどまらず、たくさんのいいことに恵まれます。

女性が憧れる美しい立ち姿になれる

ぱっと見たときの印象が全然変わります。姿勢が良いとバストも大きく見え、顔や顔色もすっきりと明るく見えます。いつも姿勢を意識していると、仕草も美しくていねいになります。姿勢良く歩くことで美脚効果も期待できます。ちょっと意識するだけで、美人度アップです。自信をもった美しい女性のように見えることでしょう。

体調が良くなる

姿勢を正すことによって、低下している胃腸などの内蔵の働きが元に戻り、消化がよくなったり、疲れもたまりにくくなります。健康な状態の身体機能をフル活用できるようになります。また、血行が良くなるので、女性がいちばんかわいく見える、自然なピンクの頬になりますよ。さらに、お肌のターンオーバーも活性化して肌質も良くなります。

太りにくくなる

正しい姿勢で歩いたり動いたりしていると、腹筋や背筋などの筋肉を正しく使うことになり、余分なお肉がつきにくくなり、すっきりしたボディラインになっていきます。ヒップアップ効果なども期待できますよ。

気持ちが明るくなる

姿勢が良くなり、前や上を向くようになると、心も自然と上向きになるものです。

バスト美人は姿勢から!猫背のあなたもきっとバストアップできる まとめ

姿勢が悪いと、見た目が悪い、暗いように見られる、そしてバストアップ効果も減少してしまう、といいことがありません。
美しい姿勢は、バストアップだけでなく美しい女性になるために、とても大切です。
できる女性、自信のある女性に猫背の人はあまりいないと思います。
あなたも姿勢を改善して美しい女性になりませんか?
周りの見る目も変わります。続けているうちにいつの間にかボディラインが代わり、周囲からも「きれいになったね」と声をかけられるようになります。
姿勢を正すためには、何よりも日々意識することが必要です。
日々のちょっとした意識の持ち方次第で、あなたのバストアップはきっとアップするでしょう。

SNSでフォローする