すべての女性にバストアップの本当の知識を

夜の胸を守ってくれるナイトブラで、今夜からバストアップ!

みなさんは、夜寝る時にブラを着用していますか? 夜、寝ている間に胸の形は崩れてしまうので、バストを綺麗に保つためにはブラを着用するのが正解です。でも、昼と同じブラでは、夜の胸の動きに対応できません。
考えてみてください。昼は立って生活をしていますが、夜眠るときは横たわります。胸の姿勢が違うのです。うつ伏せの時も含めて、前後左右からバストに重力がかかります。
昼用のブラジャーは、おおむね縦の胸の揺れを防いで形をキープしています。ところが、横になってしまうと、上下左右にずれて、変な形の状態でバストを固定してしまう可能性があるのです。
夜の胸を守る専用のブラ、それがナイトブラです。横になった姿勢でも形をキープしてくれ、バストの垂れを防いでくれるのです。
昼はブラジャー、夜寝る時はナイトブラ。綺麗なバストを作りたい、バストアップをしたい人にとって、ナイトブラはとても大事な下着です。

今さら聞けないナイトブラの3つの効果って?

なぜ寝ている間もバストを気にしなければならないのでしょうか。それは、ノーブラで眠ると胸の形が崩れてしまうからです。

バストは脂肪の塊で、「クーパーじん帯」が支えている

バストには、母乳を作るための組織=乳腺があり、その乳腺を守るように脂肪がついています。乳腺1割に対して脂肪の割合はなんと9割と言われていますので、胸の大部分は脂肪でできているということになります。乳腺組織は「クーパーじん帯」と呼ばれる繊維によって大胸筋につながっており、バストを引き上げてくれています。このクーパーじん帯は、一度伸びたり切れたりすると元には戻りません。また、年齢にしたがってだんだんと伸びやすくなっていくのです。
(バストが何からできていて、どんな構造になっているのかということをご存知ない方は、バストの正体と栄養学という記事を先に読んでみてくださいね)

ナイトブラは脂肪が流れるのを防ぎ、クーパーじん帯をサポートしてくれます

ノーブラで寝てしまうと、バストが重力でいろいろな方法に流れてしまいます。あおむけで寝ていれば上方向や横方向に、横向きで寝ている時は下方向にバストは動きます。また、うつ伏せになると、体重でバストを押しつぶしてしまいますので、外向きの力が働くことになります。
9割が脂肪でできているバストは、「流れやすい」という性質があります。ノーブラで寝ていると、身体の動きに合わせて脂肪が流れてバストの形が崩れてしまうのです。また、胸を上に引き上げているクーパーじん帯には負担がかかって、伸びやすくなってしまいます。

ナイトブラは「ゴールデンタイム」の睡眠をサポートします

乳腺の発達に必要なのが、成長ホルモンや女性ホルモンです。午後10時~午前2時頃にこのホルモンの分泌が盛んになる「ゴールデンタイム」のことはご存知ですよね。この時間にしっかりと睡眠をとることによって、バストアップが期待できるんですね。
(ゴールデンタイムについてご存知ない方は、まず「バストがしっかり育つ睡眠のとり方とは?」という記事をご覧ください)
きちんと胸をホールドしてくれるナイトブラを着けて眠れば、胸が揺れたりしないので眠りもより深くなります。リラックスして眠れるために、ホルモンの分泌も多くなるのです。

昼のブラではダメな理由

昼間に使っているブラをそのまま着けて寝ればいいのでは?と思われるかもしれませんが、夜と昼ではバストの動きが違うため、昼用のブラでは対応できません。
昼間は立って活動していますから、バストは下向きの重力を受けています。バストが下に垂れるのを防ぐために、昼用のブラは、ワイヤーの入ったものが主流です。また、バストアップ効果のために、ワキ肉や背中のお肉をカップに納めて固定したり、ワキや背中をすっきり見せたり、胸を寄せる構造で谷間をくっきりさせるといった補正効果をもたせたりすることでバストを美しく見せることが主眼なので、どうしても締めつける構造になっています。
ところが、眠っている間は、上方向や横方向、あらゆる方向に流れるので、昼間着用しているブラではその動きに対応できません。眠っている間も身体を締めつけてしまうことによって、血行やリンパの流れが悪くなり、身体に老廃物がたまりやすくなってしまいます。肩凝りやストレスの原因にもなり、眠っても疲れがとれなかったり、多くの悪影響があります。

ナイトブラはバストを包み込む構造になっているため、姿勢によって様々な方向に重力を受ける脂肪を固定させ、形が崩れないようになっています。ワキや背中に脂肪が流れるとバストのボリュームが小さくなることを防ぎます。また、クーパーじん帯も守ってくれるため、バストの垂れを防いでくれます。もちろん、リラックスして睡眠がとれるようにノンワイヤーになっているなど、締めつけ感もないように工夫されています。
もちろん、昼用のブラと同じように、サイズは合うか、胸をきちんと包んでくれるかなど、自分に合ったものを選ぶ必要はあるでしょう。

失敗しないナイトブラの選び方

いいことづくめのナイトブラですが、きちんと自分に合ったものを買いましょう。次の点に気をつけてください。

締めつけ感が少なく、ノンワイヤーのナイトブラを選ぼう

リラックスした睡眠を得るために、着け心地はとても大切です。ワイヤーがあるとどうしても寝心地が良くないので、とくに初めての方は、ワイヤーなしのノンワイヤーのタイプを選ぶのがいいでしょう。締めつけがキツかったり、素材が肌に合わないと、やはり睡眠の質が悪くなってしまいます。素材や締め付けが少ないかどうかは、買う前に必ずチェックしましょう。できれば、実際にお店で試着してみるのが一番です。

自分のバストに合ったサイズのナイトブラを選ぼう

せっかくナイトブラを着けても、サイズと合っていなければ、バストが中で動いてしまい、ナイトブラの意味がありません。寝返りやうつ伏せになることも考え、サイズがあったナイトブラを選びましょう。購入前には、必ず自分のバストの大きさをチェックすることを忘れずに。バストの形は日々変わりますので、かなり前に計ったきりだとか、記憶が曖昧な人は、もう一度ちゃんと調べましょう。バストアップのために良いナイトブラを購入するために、自分のバストサイズを把握することが大事です。今さら聞けないバストサイズの正しい計り方を参考にしてくださいね。

口コミを読んでナイトブラを選ぼう

実際に購入して使っている人の口コミを見て、他の人が使ったときの効果を確認してみましょう。口コミチェックのポイントは、良い口コミも悪い口コミも両方チェックすること。ぜひ冷静に判断して、ナイトブラを選んでくださいね。

複数ほしいから、あまり高価でないナイトブラを選ぼう

ナイトブラは毎日使うものです。1枚だけだと使いまわせなくなってしまいますから、できれば複数枚を買いましょう。そのためには、あまり高いものではないほうがいいですね。ナイトブラは基本的に値段もお手頃ですし、2枚買うとプラス1枚付いてくるお得なナイトブラもありますよ。

ナイトブラは継続して使用するものです

美容に関することは何でもそうですが、美しさを保つにはやはり継続です。バストアップしたい、垂れやたるみを防ぎ、ハリのあるバストを保ちたいのなら、ナイトブラは毎晩着けて眠るようにしましょう。継続したいものだからこそ、あなたに合ったナイトブラを選びましょう。

ナイトブラの正しい着用方法

ナイトブラの効果をちゃんとあげるための正しい着け方を説明します。

スカートのように下から履く

多くのナイトブラはノンワイヤーで、ホックもなく、筒状の構造になっています。ナイトブラを着けるときは、頭からかぶるのではなく、スカートのように足から履くようにしましょう。足からナイトブラを通せば、お腹の肉をナイトブラの中に寄せて集めることができます。バストからお腹へ流れてしまった肉を持ち上げるようにして、肩ひもをかけてください。

アンダー部分の位置を調節する

ナイトブラのアンダーベルト部分の位置を調節します。アンダーベルトをバストのふくらみのすぐ下にくるように引き上げてください。背中側も前側も、アンダーベルトが水平になるように調節します。

胸の周りのお肉をカップにいれる

バストの周囲の肉をナイトブラのカップの中に入れましょう。前かがみになってナイトブラに手を入れ、お腹や背中、ワキから集めたお肉をしっかりとカップの中に入れましょう。右胸は左手で、左胸は右手で集めます。ナイトブラの下にお肉がはみ出したりしていないか、チェックしてくださいね。

夜の胸を守ってくれるナイトブラで、今夜からバストアップ!まとめ

ナイトブラは、眠っている時の胸の動きを考えて作られた、女性のための専用商品です。脂肪があらゆる方向に流れるのを防ぐことで、美しいバストを守り、バストアップするための大切なアイテムです。今は気にしていない方も、将来の下垂に備えて、ナイトブラ着用を習慣づけるといいでしょう。
今までノーブラで寝ていた方も、今夜からナイトブラの着用を始めてはいかがでしょうか。

SNSでフォローする