すべての女性にバストアップの本当の知識を

バストが目立つ、暖かい季節に取り入れたいケア

[no_toc]寒い季節も終わり、暖かな日差しを感じる日が増えてきましたね。厚手のコートを脱いで薄着になるシーズンでもあります。
こんな肌を気にする季節だからこそ、バストケアもしっかり行っていきたいもの。
今回は暖かい季節に取り入れたいバストケアについてお話していきましょう。

この季節だからこそ冷え防止!毎日しっかり入浴&マッサージ

寒い季節でもないし、今日は仕事で疲れているから……と湯船につからず、シャワーだけで軽くすませてしまう機会が多くなっているかもしれません。でも、バストケア的にはNGです。
バストは身体の軸から考えると突起物であり、指先などと同様少し離れた場所になります。
このため、暑い日であっても案外冷えやすい部位でもあるのです。
毎日お風呂でしっかりと温めることで血流が良くなり、バストの成長も促します。

それでは具体的にお風呂でオススメのマッサージ方法をご紹介します。

  1. バストを持ち上げるように右手を左胸の下に置く
  2. そのまま内側(谷間)に円を描くようにゆっくりマッサージをする
  3. 手を左手にして今度は右胸を同様にマッサージをする
  4. このときにお湯の温度にも気をつけて。身体を温めて血行を促進した方が良いからといって熱いお湯で行うと危険です。37-38度くらいの少しぬるいかな?と感じるくらいのお湯でリラックスしながら行ってください。

そして……お風呂上りのアイスや冷たいジュース。楽しみにしていらっしゃる方もいると思いますが、こちらも身体を冷やす=バストも冷やすということですから、せっかく温まったあとは避けてくださいね。

適当はトラブル肌を招く!バストの洗い方にも気を配って

温かくなると、胸のあたりは汗をかきやすくなります。
冬の洗い方のままでは、皮脂が詰まってブツブツができるなど肌トラブルの原因になることも……。
バストの洗い方にもいつも以上に気を配るべき季節です。

こちらもマッサージ方法と同様にオススメの洗い方をご紹介します。

  1. 指3本(人差し指・中指・薬指)にたっぷりの泡をつける
    ※このときにしっかり泡をつけた方が滑りが良くなります
  2. 脇の下に指を入れ、まずはアンダーバストを優しく洗います
  3. 次に谷間部分→鎖骨部分を優しく洗ってください
  4. 最後にバスト全体を外側から内側に円を描くように洗います

バストはデリケートな部分ですから、力を入れ過ぎずマッサージを行うイメージで優しく洗ってくださいね。

マッサージと同時に、バストを支える筋力アップも行うとさらにGood!

薄着でも自信をもてるバストづくりをしたいのであれば、筋力アップも目指しましょう。だからといって腹筋や腕立て伏せといった激しい運動は必要ありません。
バストを支えているのは大胸筋。大胸筋を集中的に鍛えることによって、バストアップや垂れの防止になるでしょう。

気になる大胸筋を鍛えるエクササイズをご紹介します。

  1. 立ち上がり、背筋をまっすぐ伸ばす
  2. ひじを真横に開き、両手のひらを身体に対して正面にあわせます
    ※大きく「いただきます」をしているようなイメージです
  3. そのまま両手の手のひらを強くおしつけた状態を10秒キープします
  4. 上記の運動を一日×10セット行ってください

文字で見るととても簡単なエクササイズのようですが、実際にトライしてみるとバスト周辺の筋肉にジワジワときいているのを感じるはず。仕事の休憩時間や夜寝る前など、ちょっとした時間に習慣づけて行えば美しいバストが手に入るかもしれませんよ。

バストだけでなくデコルテ部分もしっかりケア

暖かな季節は薄着になり、とくに胸元が開いた服を着る機会が多くなるでしょう。だからこそ、普段のバストケアにプラスしてデコルテ部分もしっかりお手入れを。
普段使用しているバストケア用マッサージクリームを使うのも良いですし、顔用の化粧品や乳液でも◎。同時に先ほどご紹介したマッサージを行うと効果的です。

カップ付きインナーの誘惑に勝つ!暖かな日でも下着を身につけて

この季節になるとテレビや雑誌で頻繁に目にするカップ付きインナー。
通常のブラジャーのように締め付けがないので楽ですし、薄着でも下着のラインが出ないのは魅力的です。
でも、やはりブラジャーと比べてホールド力が弱いためバストが崩れる原因になり、バストケアの観点からすると非常に危険なアイテムです。
どうしても身に付けたいときは寝るときや自宅でくつろぐときだけに限定するなどして、暖かい季節であっても通常のホールド力があるブラジャーを使用してくださいね。

暖かい季節のバストケアまとめ

春はさまざまなイベントが増えたり、ファッションやメイクが楽しくて、ついバストケアを怠りがちな季節でもあります。そのまま何もせず夏に突入してしまうと、自信がなくて水着が着られない……といった悲劇を招くかもしれません。本格的な薄着の季節が到来する前に、しっかりバストケアをして対策をしておきましょう。

SNSでフォローする